警視庁捜査資料管理室 第3話

警視庁捜査資料管理室 第3話
キャスト:瀧川英次:明石幸男(39)/警視庁技術専門官・警視庁捜査資料管理室次長 ・ 秋元才加:戸塚美保(26)/警視庁捜査資料管理室・新人 武野功雄:小守泰次郎(55)/警視庁捜査資料管理室・新人 向井地美音:柴田里香子巡査部長(22)/刑事課見習い

事件は資料室で起きている!!妄想オタクの冴えない警視庁技術専門官・明石幸男、警察官でも何でもないこの男が、解決済みの事件に隠された真相を勝手に暴いていく!? 中央区廃工場不審死事件: 廃墟で起こった事件も気になるものの、まずは、上司として部下たちへの指導を優先しようと、明石幸男(瀧川英次)は、ある計画を立てる。それは自分のロッカーに隠れ、上司と連絡が取れない非常時に、部下の二人がどういう行動をとるかを窺うことだった。 朝礼のためやってきた戸塚(秋元才加)と小守(武野功雄)を、明石がロッカーの通気穴から盗み見ているところへ、柴田里香子(向井地美音)が捜査資料を借りにきて、明石の恥ずかしいエピソードを話す。

【動画ランキング】

動画を【検索】

【警視庁捜査資料管理室 第3話 】関連記事一覧表示