警視庁捜査資料管理室 第8話

警視庁捜査資料管理室 第8話
キャスト:瀧川英次:明石幸男(39)/警視庁技術専門官・警視庁捜査資料管理室次長 ・ 秋元才加:戸塚美保(26)/警視庁捜査資料管理室・新人 武野功雄:小守泰次郎(55)/警視庁捜査資料管理室・新人 小橋めぐみ:野添久美子巡査長(32)/総務課庶務係 堀井新太:早乙女将太(24)/消防庁火災原因調査官・新人 渡辺真理(ナレーション)

中央区現代アート展放火事件: 明石幸男(瀧川英次)は部下の戸塚美保(秋元才加)に問い詰められて、ある事件の推理をしていたと白状してしまう。戸塚は仕事のふりをしてまで相談にきた早乙女の事情を察し、意外にも理解を示す。さらに明石の酷い推理で失った早乙女の信頼を取り戻そうと、協力まで申し出てくれた。改めて、お昼時間に推理を開始する二人。 ところが理論整然と話す戸塚は、明石のメチャクチャな推理、被害妄想に耐え切れず、その場を去ってしまう。

動画を【検索】

【警視庁捜査資料管理室 第8話 】関連記事一覧表示